FC2ブログ
■ プロフィール

tomoka

Author:tomoka
tomoka asahi
1982年静岡県生まれ。
大学卒業後、渡英。
ロンドン芸術大学セントラル
セントマーチンズで
グラフィックデザインを学ぶ。
ロンドンで働いた後
2008年、湿った風が吹いた某日火曜日、帰国。
東京在住。

○UK-JAPAN2008×EMI Music Japan
ユニオンジャッククリエイティブコンテスト
優秀賞受賞





■ 最新記事
■ 最新コメント
■ 最新トラックバック
■ 月別アーカイブ
■ カテゴリ
■ 検索フォーム
■ RSSリンクの表示
■ リンク
■ ブロとも申請フォーム
■ QRコード
QRコード
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »
遠距離片思い


イギリスから帰国して数ヶ月経ちますが、時が経てば経つ程イギリスが恋しくなります。きっとこれは恋愛と同じで、決して嫌で別れた訳ではないので、どんどん美化されているのでしょう。そう思って気持ちをコントロールしています。イギリスでは、出した郵便が届かないなんてことはよくあることですし、乗ったバスが目的地に着かない(運転手の気まぐれで運転をやめてしまう)なんてこともあります。ダメな所は本当にためだめで。でも、たかが街にポンと設置されているゴミ箱でさえ、絵になる雰囲気があるんです。知り合いでもないのに目があうと微笑み合える、バスの中で隣の人と何気ない会話が生まれる、別れ際のハグの習慣も心をポッと暖かくしてくれるものでした。恋愛に関しては、さっぱりきっぱりなのになぁ。イギリスに関しては未練たらたらで格好わるいです。今回紹介する作品は、UK-Japan2008とEMI Music Japanによるコラボプロジェクトで、新しいイギリス国旗を考えようコンテストで優秀作品に選んでいただいたものです。青い部分は、イングランド、ウエールズ、スコットランド、北アイルランドを旅した時に撮った空です。

thisisUK2.jpg

副賞としていただいたもの、“ロンドンA to Z”というロンドンに関するガイド本でした。紹介されていた場所、私がかつて住んでいた場所の近辺が多く、これでもかとロンドンの素敵な写真が載せられてあって、傷口に塩、いやワサビを塗られている気分です。とはいえ、評価していただいたことは非常に嬉しく心に届く作品を創ろうと気合いを入れてもらいました。



スポンサーサイト
















管理者にだけ表示を許可する