FC2ブログ
■ プロフィール

tomoka

Author:tomoka
tomoka asahi
1982年静岡県生まれ。
大学卒業後、渡英。
ロンドン芸術大学セントラル
セントマーチンズで
グラフィックデザインを学ぶ。
ロンドンで働いた後
2008年、湿った風が吹いた某日火曜日、帰国。
東京在住。

○UK-JAPAN2008×EMI Music Japan
ユニオンジャッククリエイティブコンテスト
優秀賞受賞





■ 最新記事
■ 最新コメント
■ 最新トラックバック
■ 月別アーカイブ
■ カテゴリ
■ 検索フォーム
■ RSSリンクの表示
■ リンク
■ ブロとも申請フォーム
■ QRコード
QRコード
あつい冬


最近の注目その1・部屋用あったかスリッパ(モコモコしていて、見ているだけで汗ばみそうなくらいのもの)その2・毛糸の分厚い靴下(私の足のサイズは22センチですが、履いたらその厚みで25センチの靴だってはけちゃうよん!というくらい厚手)その3・スパッツ(お腹の冷えは阻止せよ!いつでもお腹まわりは常夏♪)。以上3点を先週ゲットし、私の足下は熱を発しています。それでも寒さ厳しい時は不十分では?と思い、昨日電気あんかをゲットしました。スパッツはいて、分厚い靴下はいて、モコモコスリッパはいて、電気あんかも。これで「冷えってなんでしょうか?」と言えます。さてさて、昨日ご紹介しきれなかったカレンダーの他の月はどんなかんじなのか?と興味を抱いて下さった方、ありがとうございます。こちらです。冬対策万全のためには足下の暖かさを、新年対策万全のためにはカレンダーはいかがでしょうか?
samp4.jpg

samp6.jpg



スポンサーサイト






2009年カレンダー


これまでイギリスをはじめヨーロッパを旅した時に撮りためた写真を使って、カレンダーをつくりました。田園風景、ヨーロッパの田舎の家、日常の趣のある風景等、ドキドキしたものを撮りました。その写真に、ブタペストの蚤の市で売っていた120年前の白黒の動物図鑑に載っている動物に色をつけ、コラージュした作品です。月によって、数字の書体もさまざまです。心のアンテナにピンピンきた方、お問い合わせ下さい。手作りのヨーロッパカレンダーをお届けします。

samp1.jpg

samp2.jpg

samp3.jpg

samp5.jpg











いもりがほしい


タイトルは、率直な今の気持ちです。私のデザインには動物や昆虫がけっこう使われています。私は動物愛護家である、と声を大にして言えるような者ではないのですが、同じ動物として他の動物、生き物は気になります。
そんなわけで、こちらの作品。現在タリーズコーヒー麹町店に展示されている作品の一つです。セリフ(タイポグラフィにおいて文字のストロークの端にある小さな飾りを意味する)を昆虫の脚や触覚に換えてみました。専門用語ばかりでわかりにくいですねぇ。
アルファベットのフォントで、書体の先っぽにチョロンと飾りがついているものがあります。画像2枚目(ズーム)のシカクで囲ったチョロンの部分が“セリフ”と呼ばれています。そのセリフが、左側の昆虫の脚や触覚として使われています。
insectsposter1.png

ズーム画像
insectsposter2.png


作品の話からイモリネタに移ります。小学生低学年のころ、手のひらにイモリをのせて下校した記憶があります。赤いお腹が鮮烈でした。魅惑的なお腹をそっとなでなでしました。そのことを思い出してから、イモリが飼いたくてしょうがないのです。ヘビもトカゲもカエルもネコも飼いたいとは思わないのですが、イモリには熱い想いを寄せています。チョロン♪



遠距離片思い


イギリスから帰国して数ヶ月経ちますが、時が経てば経つ程イギリスが恋しくなります。きっとこれは恋愛と同じで、決して嫌で別れた訳ではないので、どんどん美化されているのでしょう。そう思って気持ちをコントロールしています。イギリスでは、出した郵便が届かないなんてことはよくあることですし、乗ったバスが目的地に着かない(運転手の気まぐれで運転をやめてしまう)なんてこともあります。ダメな所は本当にためだめで。でも、たかが街にポンと設置されているゴミ箱でさえ、絵になる雰囲気があるんです。知り合いでもないのに目があうと微笑み合える、バスの中で隣の人と何気ない会話が生まれる、別れ際のハグの習慣も心をポッと暖かくしてくれるものでした。恋愛に関しては、さっぱりきっぱりなのになぁ。イギリスに関しては未練たらたらで格好わるいです。今回紹介する作品は、UK-Japan2008とEMI Music Japanによるコラボプロジェクトで、新しいイギリス国旗を考えようコンテストで優秀作品に選んでいただいたものです。青い部分は、イングランド、ウエールズ、スコットランド、北アイルランドを旅した時に撮った空です。

thisisUK2.jpg

副賞としていただいたもの、“ロンドンA to Z”というロンドンに関するガイド本でした。紹介されていた場所、私がかつて住んでいた場所の近辺が多く、これでもかとロンドンの素敵な写真が載せられてあって、傷口に塩、いやワサビを塗られている気分です。とはいえ、評価していただいたことは非常に嬉しく心に届く作品を創ろうと気合いを入れてもらいました。






マトリョーシカ


マトリョーシカといえばロシア!と言われていますが、私にとってマトリョーシカ=プラハです。
プラハを訪れた時、お土産屋さんにマトリョーシカが所狭しと並べられていました。プラハの人口と同じくらい、存在するような気がするほど、いっぱいです。マトリョーシカがお好きな方は、町並みがヨーロッパ一美しいといわれるプラハへ!プラハにそんなにすぐには行けないよ!という方はこちらのポストカードをどうぞ。



マトリョーシカ
マトリョーシカ2



ずきゅんな村


世の中にこーんなところが本当にあったんだー!!と目が0.5mmくらい飛び出してしまった素敵な場所があります。千葉県成田市から15時間くらいかかる場所ですが、絶対ずぅえったい行くぞ!と思えば行ける場所です。ロンドンからバスで4時間。街へのバスが1日5本程度の静かな村、バイブリーです。小人や妖精がひょっこり現れても、不思議ではない!あなたたち、キノコの下に隠れてるんじゃないの?なんて、柄でもないことを思ってしまったくらい、
心奪われた村です。そして、私がカメラ小娘になった村です。
DSC09633.jpg

2.jpg

DSC09580.jpg

I am not translating what i said in Japanese, just writing what I think now.
To be honest, I was trying not to have a look at my photos of London. Because I would feel like going back there and miss everyone and everything in UK. But today I did decide to live in Tokyo at least for 3 years and realised that tokyo is very important place for me to build my career. I think these photos which I took in UK will cheer me up,
not make me sad ( I mean homesick for UK)!
Sooooo I will introduce you my photos of favorite and secret places !!!!!!!!!



非現実が現実に!?


今回は おっもしろーい!とアドレナリンがびゅんびゅん出たパブリックアートをご紹介します。NYのアーティスト集団によるパフォーマンスです。
グランドセントラル駅で200人以上の人が同時に固まっちゃうんです。
シンプルかつストロングな発想に興奮して、今夜はなかなか眠れません。

Enjoy this FABULOUS ART!! More than 200 people have frosen
at the same time in the public area. What a strong and funny idea!! I am so excited!!!






cha*chaのX'mas party!


素敵な雑貨がぎゅっとつまったcha*chaさんのクリスマスイベント
(11月17日・月~12月13日・土)に参加させていただきます。

私はクリスマス色に包まれたグリーティングカードでの参加です。
cha*cha店長さんの ブログで作品を紹介してくださっています。
クリスマスプレゼントはオリジナリティを重視したい!
そんな方にピッタリのものが見つかりますよ。



birdblog_convert_20081113004421.jpg



バッハのワルツを聴きながら


グリーティングカードの紹介第2弾!!
作品名 バッハのワルツを聴きながら

invi2.jpg

invi.jpg


invitation.jpg

馬の首はレースが装飾されています。
シックでキリリとした色使いのBlack & Gold
優しくエレガントな色使いのPink&Silver

プレゼントにちょっとしたメッセージカードを添えては
いいかがですか?商品のお問い合わせ、お気軽にどうぞ。








フィンランドの深い森で


私の作品をご紹介します!
作品名 “フィンランドの深い森で”
deer3.jpg

deer2.jpg

deer1.jpg

シカの首にはキラリとスワロフスキーのラインストーンが装飾されています。
フィンランドのひっそりと静まり返った森の奥で、こちらを見つめる凛とした鹿をイメージしました。

印刷、装飾すべて手作りのカードです。
こちらのカード(手作りの封筒付き)は1枚340円でお売りしております。
ご希望の方はメールにてご連絡ください。


グリーティングカード取り扱い店

◎静岡県富士市の YOTSUBA CAFEさん
Arrivee et departさん
青山店、自由が丘店、横浜店、浦和店の手作りのグリーティングカード展に出品中です。
◎二子玉川のcucirina!さん





作品展示 at TULLY'S COFFEE


11月よりタリーズコーヒー麹町店(東京)で2ヶ月間作品を展示しています。

写真は、食パンを並べて文字にした  "Bread conversation"という作品です。
イギリスのスーパーで売っている食パンは種類がとっても豊富で、
選ぶのも一つの楽しみです。
その食パンを写真に撮り、タイポをつくりました。
パン売り場の前で、人々が何気なく話している言葉が、
食パンタイポで書かれています。

ブログ第一弾に、 NICE TO MEET YOU! という画像を載せましたが、
あれがBread conversationでつかわれたタイポと同じです。

とにかく食パン・色パン・職パン(仕事に使われているから)です。


美味しいコーヒーと美味しそうな食パンを眺めにタリーズ麹町店へ!
(Bread conversationの他に昆虫シリーズも展示しております。そちらの紹介は次回します)




tullys1.jpg



tullys2.jpg




プラスα、デザインの魔法を!


はじめまして。グラフィックデザイナーのtomokaと申します。

シンプル・大胆・新しい+女性の乙女心&男性の少年心をくすぐるデザインを目指しています。

DM、ロゴ、グリーティングカード、広告、結婚式の招待状、名刺など
デザインの魔法が必要なときはご連絡下さい。
“とっておきたくなる”気持ちを引き出すようなデザインをあなたのもとへ。

今日から私の作品や気になったデザインをご紹介させていただきます。




Hi.png